2020年8月11日 (火)

米国にモバイルQR決済の新波

日本でモバイルQRコード決済が本格的にスタートしたのは2018年。それから2年遅れで、米国にモバイルQRコード決済の本格的な動きが出てきた。

 

それを主導するのはペイパル(PayPal)と傘下のベンモ(Venmo)。ドラッグストアのCVSファーマシーと提携し、レジでモバイルQRコード決済できるようにした。

 

決済はPayPalやVenmoの口座を通じて実行される。口座残高を使うこともできるし、口座に紐つけた銀行口座やカードも使える。Venmoの利用者はVenmoリウォーズでも支払える。

 

CVSファーマシーは全米に8,200店舗を展開しているが、全店のPOSレジで、PayPalとVenmoのモバイルQRコード決済を受け付ける。ペイパルはそのために、・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Paypalqr

2020年8月10日 (月)

Intuitが高利回りビジネス口座

米国会計ソフトのインチュイット(Intuit)が、スモールビジネス向けの銀行口座クイックブック・キャッシュ(QuickBooks Cash)を発表した。高利回りが魅力。

 

米国銀行の平均利回りは0.04%。クイックブック・キャッシュは1%だから、25倍の高利回りとなる。

 

クイックブックを利用しているスモールビジネスにとって、財務管理の複雑さと待ち時間を解消するソリューションだ。口座開設手数料、口座維持費、最低残高、当座貸越手数料、その他の手数料は無料。

 

クイックブック・キャッシュは機械学習機能を・・・ つづきは https://www.ncblibrary.com

Quickbook

2020年8月 9日 (日)

Mastercard欧州企業買収に待った

2019年8月、Mastercardはデンマークに本拠を構える決済プロバイダーのネッツ(Nets)の法人部門を買収すると発表した。それから1年。まだ買収完了にいたっていない。

 

その理由は、EUの独占禁止法上の懸念があるとみられているからである。この買収は、北欧地域、欧州経済圏、そして英国における競争に大きな影響を与える脅威になるという見解。

 

これに対し、Mastercardは譲歩案を申し出ている。・・・つづきは https://ncblibrary.com

Stopmastercard

2020年8月 8日 (土)

独フードデリバリー急伸で日本上陸

ドイツに本拠をおくフードデリバリーのデリバリーヒーロー(Delivery Hero)が日本に上陸する。すでに世界53カ国でサービスを展開しているが、この第3四半期に日本でも営業を開始することになった。

 

COVID-19の影響でフードデリバリーは絶好調。デリバリーヒーローの第2四半期の注文件数は2.81億件と、前年同期比で倍増した。

 

3月から5月にかけては、ロックダウンなどでレストランが閉店したこともあり、注文件数は減少したが、6月にはふたたびペースを戻し、1億件を超える受注があった。

 

プラットフォーム上の総取扱高(GMV)は、・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Deliveryherojapan

2020年8月 7日 (金)

Amexが1,000億円で提携カード継続

提携カードは顧客獲得チャネルであり、リピーター育成ツールでもある。特に顧客基盤が大きく、リピーターが多い企業との提携カードは、カード会社にとって重要な存在だ。

 

AmexはIAG(International Airlines Group)との提携カードで、国際提携契約を複数年に延長して結ぶことになった。IAGはブリティッシュ航空のオーナー会社である。

 

この契約でAmexはIAGのロイヤルティプログラムに9.55億ドル(約1,000億円)を支払うことに合意した。この契約には、ブリティッシュ航空の提携カードとリウォーズプログラムに使われるAviosポイントの事前購入が含まれている。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Amexbritishair

2020年8月 6日 (木)

OLヘルスケアでユニコーン誕生

新たにユニコーン(時価総額10億ドル以上のスタートアップ)になったのは、ロー(Ro)。オンラインヘルスケアのスタートアップである。

 

ローは2017年創業で、本社はニューヨーク。今回2億ドルを調達し、時価総額が15億ドルになった。総調達額は3.76億ドル。

 

ローは脱毛など男性の悩みを直接医師に面談せず、オンラインで解決するサプリメント販売からスタート。女性向けの製品や禁煙アプリ、ゼネリック医薬品を1つ約5ドルで提供するRoファーマシーへ拡大し、年間2.5億ドルの収益をあげるまでに成長した。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Rohealthcare

2020年8月 5日 (水)

Amex第2四半期COVID-19で苦戦するも

COVID-19パンデミックで世界の主要国がロックダウンを実施した第2四半期(4月から6月)、Amexはその影響で売上と利益の両方で大幅なマイナスを記録した。

 

第2四半期の収益は76.75億ドルで、前年同期の108.38億ドルから29%減少。利益は2.57億ドルで、前年同期の17.61億ドルから85%という大幅マイナスとなった。

 

2020年上半期の収益は179.85億ドルで、前年同期比15%マイナス。利益は6.24億ドルで、前年同期比81%のマイナスになった。アナリストの予想では、利益は赤字になるというものだったが、黒字を確保している。

こういう厳しい状況にありながら、Amexは・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Amexshopsmall

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart