2019年4月25日 (木)

Mastercardが英国成人に2兆円の補償金

元金融オンブスマンのウォルター・メリック氏がMastercardを相手取って起こした訴訟が大詰めを迎えようとしている。

 

1992年から2008年までの16年間に、4,600万人の英国消費者は、Mastercardの過度に高い手数料のせいで、ショップで高い価格を支払わされたという内容だ。

 

2年前、競争審判所はメリック氏の主張を棄却し、継続審議しないとした。しかし、2019年4月、控訴裁判所は競争審判所に対し、再審理するよう命じたのである。

 

これが通れば、英国法史上最大の集団訴訟になるかもしれない。Mastercardは140億ポンド(2兆円強)を科されることになる。

 

1992年から2008年まで英国に住んでいた成人は、ひとり当たり300ポンドもらえる計算になる。棚からぼた餅は実現するだろうか。

 

Mastercardpayout

2019年4月24日 (水)

Mastercardが分割払い買収

リボカードが基本の米国や欧州で、分割払いが注目を集めている。Mastercardは分割払いのバイズ(Vyze)を買収した。

 

バイズは2008年9月の創業で、本拠はテキサス州オースティン。これまで5回のラウンドで4,720万ドルを調達している。

 

オンラインの分割だけではなく、リアル店舗での分割払いにも対応。バイズを導入した店舗は、売上が40%から95%アップ、注文単価は60%も増えるという。

 

バイズは直接融資しているわけではない。提携レンダーは12社。承認率は80%強で、他社承認率平均47%の約2倍と高い。

 

Mcvyze

2019年4月23日 (火)

FB欧州メッセンジャー送金終了

フェイスブックの収益は広告収益と決済その他収益の2つである。そのうちの決済収益を拡大するために、フェイスブックはメッセンジャーでの個人間送金を開発した。

 

ペイパルのCEOデビット・マーカス氏をヘッドハンティングするほどの力の入れようだった。しかしマネタイズはむずかしく、利用も低迷していた。

 

その結果、欧州でメッセンジャー送金を終了することになったのである。欧州といってもメッセンジャー送金が可能なのは英国とフランスだけだった。

 

欧州での個人間送金は2019年6月15日に終了。欧州ではチャリティ用の送金は継続する予定。米国の個人間送金サービスは継続する。

 

Messengerstop

2019年4月22日 (月)

Uberカード取扱高は兆円単位

2018年ウーバーの予約金額(Gross Booking)は498億ドル(約5.5兆円)だった。そのうち87%がクレジットやデビットカードによって支払われている。

 

つまり435億ドル(約5兆円)がカード取扱高だ。ライドシェアとモバイル事前決済は切っても切れない関係にある。

 

Uberはモバイルで車を選び、行き先までの料金をその時点で支払う。到着時にカードを切る必要もなく、そのまま降車するだけでいい。

 

予約金額には、ライドシェアリングに加え、Uber Eatsや、スクーターレンタル、高速料金、税金などが含まれている。

 

Ubercard1904

2019年4月21日 (日)

アントの相互保険5000万人加入

2018年10月、アントフィナンシャルは新時代の相互保険Xiang Hu Bao(翔胡宝)をスタートした。その加入者が5カ月で5,000万人になった。1カ月1,000万人の新規加入というペースは凄まじい。

 

ユニークなのは、契約料無料、月々の保険料も無料。この保険の加入者が深刻な病気になった時、保険組合のような形式で最大30万元(約500万円)を支払う。

 

その原資は組合員の頭数で割って負担するという仕組みだ。アントフィナンシャルはどこで儲けるか。保険金支払額の8%がアントの取り分。管理費用として徴求する。

Antinsurance1904

2019年4月20日 (土)

レモネードに大量資金

家財保険のレモネードがシリーズDラウンドで3億ドル(約330億円)を調達した。リードしたのはソフトバンク。グーグルベンチャーズ(GV)やアリアンツなども参加している。

 

レモネードは2015年創業で、本社はニューヨーク。今回を含め6回のラウンドで4.8億ドルを調達している。

 

今回の調達は過去最大。米国と欧州での事業拡大に使う。とともに、新たな商品も開発する計画だ。

Lemonade300m

 

2019年4月19日 (金)

ウォルマートのロボットアシスタント

ウォルマートは最新テクノロジーを活用して働き方改革を進めている。スタッフの労働負荷を削減するためだ。

 

2018年、ウォルマートはさまざまなテクノロジーをテスト。その結果、4種類のスマートアシスタント導入を発表した。

 

ひとつは、オート-C(Auto-C)。お掃除ロボットだ。CはクリーナーのCをとったもの。ウォルマート店舗の空きスペースを掃除し、フロアに磨きをかけてくれる。

 

店舗のクレンリネスは消費者の購買意欲に影響する。ウォルマートは1,500台を導入。クレンリネスを向上するとともに、スタッフの労力を削減する。

 

ウォルマートは小売現場をテクノロジーで変革しようとしている。まずは4種類のロボットが、スタッフの定型作業や手作業を削減。スタッフはこれまで以上に生産性の高い業務を担う。

Walrobot1904

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart