2018年10月19日 (金)

ウォルマートでPayPal入出金

ペイパルはウォルマートと提携し、ペイパル口座への入出金チャネルを拡大する。

 

ペイパル口座へはクレジットやデビットカード、銀行口座を紐つけられるが、カードや銀行口座をもっていない人はペイパルを利用できなかった。米国人口の27%はそういう人たちである。

 

店頭でペイパル口座の入出金ができるサービスは、PayPal Cashと呼ばれている。手数料は3ドルかかる。口座へ資金を入れれば、安全にオンラインショッピングできるというのが強み。

 

全米のウォルマート4,500店舗のサービスカウンターやATM、レジカウンターで利用できる。レジカウンターでも入出金できるようにしたのは、それだけこのサービスへの期待が大きいということだ。

Paypal

2018年10月18日 (木)

アマゾンが保険会社と提携

保険会社のトラベラーズ(The Travelers Companies, Inc.)はアマゾンと提携し、スマートホームキットと保険をセット販売することになった。

 

スマートホームキットに含まれるものは、セキュリティカメラ、ウォーターセンサー、マルチセンサー付動作検知、スマートホームハブ、そしてアマゾンエコードット。

 

トラベラーズの保険契約者はこのキットを割引価格で買える。さらに、このキットを設置すれば、保険料が安くなる。

 

提携にあたり、トラベラーズは音声アシスタントAlexaのスキルを開発。保険契約に関する質問や安全な暮らしなどの質問に、スムースに答えられるようにした。

Amazotrasssss

2018年10月17日 (水)

パスポート発行にストップ

EUは外国人富裕層に対し、パスポートと居住権を付与するスキームのガイドライン作成計画を発表した。マネーロンダリング防止のためである。

 

英国、フランス、オランダ、オーストリア、キプロス、ルクセンブルク、マルタ、ギリシャ、ラトビア、ポルトガル、スペイン、アイルランド、ブルガリアの13カ国は、大型投資と引き換えに、外国人富裕層に居住権や市民権を付与していた。

 

EUでは過去10年間に海外投資によって約250億ユーロ(3.2兆円強)を受け取っている。その見返りに発行したパスポートは6,000件、居住権は10万件に達している。

 

大型投資の資金が疑わしい方法で取得したものであった場合、この制度は国外逃走に使われる可能性がある。それをEUは懸念しているのだ。

Nopasssss

2018年10月16日 (火)

H&MがFinTechへ出資

世界第2位のファッション小売H&Mが、フィンテックへ投資することになった。アパレルもデジタルトランスフォーメーションが喫緊の課題になっている。

 

H&Mが出資するのはスウェーデンの決済FinTechクラーナ(Klarna)。1,560万ポンド(23億円強)でクラーナ株式の1%弱を買った。

 

クラーナはオンライン決済に強く、自社でリスクを取る後払いが特徴。スムースな後払いで、導入マーチャントのコンバージョン率がアップしている。

 

出資提携により、クラーナはH&Mの返品とデリバリーを簡素化する役割を担う。H&Mの返品とデリバリー、決済は顧客のフラストレーションの元となっていた。

Klarnasss

2018年10月15日 (月)

チェイスがカードに特別ツアー

プレミアムカード会員に、プレミアムなサービスを提供する。チェイスがサファイアカード会員向けサービスとして選んだのは、ツアーとアクティビティだった。

 

そのため、ユニークなツアーを企画販売するアトラス・オブスクラ(Atlas Obscura)と提携。まずは20種類にツアーを共同で開発した。

 

例えば、メリーランド州のゴースト船探検ツアー。10月20日の1時から4時までのツアーで、価格は90ドルだ。そのほか、メキシコシティやコロンビア、ガラパゴス島などのツアーを組んでいる。

 

企画にあたっては、チェイスがサファイアカード会員のデータを分析。どんなツアーやイベントに興味があるかを予測している。アトラス・オブスクラがツアーの予約やハンドリングをおこなう。

 

Chaseatlas

2018年10月14日 (日)

SQが割賦販売サービス

マーチャント向けの決済ソリューションを提供するスクエアが、スモールビジネス向けの割賦販売サービスを提供することになった。

顧客がモバイルアプリで割賦を申し込むと、リアルタイムに審査の可否決がわかる。割賦の返済期間は3カ月、6カ月、12カ月。手数料は実質年率0%から24%まで。金額は250ドルから1万ドルまでとなっている。

このサービスを立ち上げるにあたり、スクエアはマーチャント調査を実施した。マーチャントはなぜ、割賦販売のような柔軟な決済を提供できないのか。

 

それは、手続きが複雑で時間がかかるからだということがわかった。調査対象者の半数がそう答えている。これまで割賦販売を導入するためには、最低売上100万ドルが要求され、時間と労力がかかっていた。

Squassss

2018年10月13日 (土)

Amexがテーブル予約アプリ

Amexはチェイスのサファイアカードに対抗するため、プラチナ会員へレストランのテーブル予約ができるサービスを開始した。

 

なかにはミシュランを獲得したレストランの特別なテーブルを予約できるところもある。

 

まず英国で2018年10月からスタートしたが、米国やそのほかの国々では、2019年以降になる予定。

 

英国では2,000店舗、そのうちロンドンだけで1,000店舗の予約が可能だ。

 

Amesssss

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart