« 企業向けカード着実な伸び | メイン | すすきと川床 »

2009年9月25日 (金)

スモールBizに新カード

大不況で多くのスモールビジネスが苦境に立たされている。これは日本も米国も同じ状況。米スモールビジネスカードの大手アドバンタは、第2四半期の貸倒率が56.95%という信じられない数値になった。

そんな中、果敢にもスモールビジネスを対象にしたカードを発行しようという企業があらわれた。

米カード取扱高トップのチェイスである。発行するカード名は「インク(ink)」で、万年筆などに使うインクと、株式会社のインク(inc)をかけているのだろう。

今回発行するのは4種類。「インク・ボールド」「インク」「インク・キャッシュ」「インク・プラス」である。

インク・ボールドはチャージカード。翌月一括払いで、リボルビング残高をもたないもの。それ以外のカードはリボルビングカードだ。

インクは標準的なリボルビングカード。インク・キャッシュはキャッシュバック特典を重視したもの。インク・プラスはリウォーズを厚くしたものである。

チェイスは4種類のカードでスモールビジネスのさまざまニーズに対応する。

Chaseinccard

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/21638553

スモールBizに新カードを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart