« B2Bギフトカードへ | メイン | スモールBizに新カード »

2009年9月24日 (木)

企業向けカード着実な伸び

米消費者向けのカード取扱高シェアでトップはVisaで56.6%。ついでマスターカードが29.1%、アメックス10.1%、ディスカバー4.2%となっている。ニルソンレポートが発表した2008年の実績。

いっぽう企業向けのカード取扱高シェアでトップは同じくVisaで39.8%だった。2位はアメックスで37.3%、Visaに肉薄している。3位はマスターカードで22.5%、ディスカバーはわずか0.4%だった。

企業向けのカードはスモールビジネスと大企業がターゲット。クレジットカードだけでなくデビットカードの取扱高も含まれている。

2008年の企業向けカードの取扱高は5,669億ドルで、全体の18.47%を占めた。2007年のシェアは17.95%だったから、着実にシェアを伸ばしている。

B2B市場はカードにとってまだ未開拓の分野。これからの伸びが期待される。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/21619733

企業向けカード着実な伸びを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart