« ソーシャル通貨が米小売店頭で | メイン | 米クレジットに陽は差しはじめたか »

2010年10月17日 (日)

デジコンの主流決済は携帯電話課金

オンラインゲームやオンラインショッピングの支払いに、携帯電話支払いを利用する人が増えている。特に米国では顕著。

利用者が決済に携帯電話番号を入力すると、ショートメッセージでパスコードを通知するという仕組み。

オンラインゲームやオンラインショッピングで、このパスコードを入力すると、翌月の携帯通話料金に加算されて請求される。

FacebookクレジットはオンラインゲームのZyngaで使えるが、携帯電話課金サービスのzongを通じて購入することができる。携帯電話課金を米国ではDCB(Direct-to-Carrier Billing)という。

韓国ではデジタルコンテンツの約50%がDCBだという。とくにティーンズの取込みにはDCBが便利だ。彼らはクレジットカードやデビットカードをもっていない。

米国でDCBサービスを提供しているのはzongやboku、mgive、BilltoMobileなど。いずれの加盟店手数料率も驚くほど高い。

zongは40%から60%の高率。bokuも20%から60%だ。デジタルコンテンツだから配送手数料などはかからないが、それにしてもこれだけ払ってまで携帯電話課金にする必要があるのだろうか。


Zonghp1010


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/25226997

デジコンの主流決済は携帯電話課金を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart