« アジアのカードトップブランドは? | メイン | 米国に進出したゲームカード »

2010年10月13日 (水)

米ハウスカード復活か

不思議なものである。リーマンショックと新クレジットカード法制定以降、米国のクレジットカード業界は貸倒率の高いハウスカードには見向きもしなかった。

GEキャピタルやシティはハウスカード大手で、両者ともポートフォリオ売却に躍起となっていたが、買手がつかない状態だった。

ところが、その売却を検討していたGEキャピタルが、シティのハウスカードを買収したのである。買収した債権残高は16億ドル。

GEキャピタルにとって、現在のハウスカードポートフォリオは魅力になってきたということか。

規制強化によって汎用クレジットカードよりハウスカードのほうがパフォーマンスが高いと読んだのであろう。新規客獲得のしやすさもある。

今回買収したポートフォリオは約36社の小売企業と、家具やインテリア、家電、空調などを販売する18,000件の中小加盟店が含まれている。

シティにとって資産を減らすためには好都合。すべてを売却したわけではない。まだ460億ドルの残高を保有している。売却したポートフォリオはシ他のカードと違うステムを使っていたとのこと。売却しやすかった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/25197775

米ハウスカード復活かを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart