« デジコンの主流決済は携帯電話課金 | メイン | プリカ+クレジットにイエローカード »

2010年10月18日 (月)

米クレジットに陽は差しはじめたか

米JPモルガンチェイス2010年第3四半期の結果が発表された。カードサービスユニットの最終利益は7.35億ドルの黒字で、前年同期の7億ドルの赤字から急回復した。

黒字転換の要因は、貸倒引当が少なかったことと残高を積上げなかったこと。貸倒率は8.87%と前年の10.30%から大幅改善。期末残高は17%減って1,364億ドル。平残は1,401億ドルだった。

カード取扱高は前年同期比7%伸びて796億ドルになった。統合したワシントンミューチャル(WAMU)のポートフォリオを除くと、取扱高は8%の伸びで768億ドル。つまりWAMUの取扱高はわずか28億ドルで、7億ドルのマイナスだったというわけ。

アクワイアラとしての加盟店取扱高は1,170億ドルで、取扱件数は52億件だった。

チェイスは2009年下期から、カードポートフォリオ再構築のため、イメージを一新し、ブランド強化の施策をつぎつぎに打ちだしていた。

無理やり統合させられたサブプライム対象のWAMUポートフォリオの処理もこれで一段落か。

いまだ景気の動向が不安定な米国ではあるが、クレジットカードにもやっと日が差しはじめたようだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/25232301

米クレジットに陽は差しはじめたかを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart