« シンガポールでNFCウォレット続々 | メイン | 米クレカ2012中間期の業績トップ3 »

2012年9月 1日 (土)

ビッグデータ活用でカード利用促進

米国ではカード利用のたびに、加盟店がリウォーズ資金を負担し、利用者にキャッシュバックするというサービスが拡大している。このサービスを提供する最大のベンダーはカードリティックス(Cardlytics)である。
先月にはデビットカードで最大の取扱高を誇るバンクオブアメリカと提携し、バンカメリディールズ(BankAmeriDeals)というリウォーズプログラムをスタートした。
現在カードリティックスは金融機関320社にサービスを提供。これらの金融機関が抱える顧客基盤は7,500万人になる。
カードリティックスは自社のサービスを、トランザクションドリブン・マーケティングと呼んでいる。現在カードリティックスのシステムが扱うトランザクション件数は1週間に2億件を超える。年間では110億件だ。
カード保有者が利用した金額は5,000億ドルというからすごい。オンラインバンキングの年間ページビューは14億件になる。モバイル顧客は1,200万人だ。
カードリティックスの強みは、膨大なカードトランザクションデータにもとづくターゲティングであり、マーケティング能力である。ビッグデータをどこまで活用できるか。注目したい。
Cardlitycshp1208

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/29672429

ビッグデータ活用でカード利用促進を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart