« ホームデポがOL強化へ | メイン | Square身売りか »

2014年4月25日 (金)

米国プリカ市場が20兆円規模に

2014年、米国のプリペイドカード市場規模は20兆円(2,000億ドル)になる。コンサルティング会社のAiteグループはそういう予測をたてた。

この数字はVisaやMasterCardなどの国際ブランドがついた汎用型プリペイドカードや、スターバックスカードのようなショップ独自のハウスカードの両方を含んだもの。

ギフトカードは、日本ではまだメジャーになっていないが、米国では依然として成長を維持している。牽引しているのは企業が見込客に渡すインセンティブカードだ。

米国人口の23%がプリペイドカードを保有している。いまやプリペイドカードは、世代を超えて幅広い利用者に利用される商品に育った。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/32207483

米国プリカ市場が20兆円規模にを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart