« 保険金支払いはCVS店頭で | メイン | 米国SMBの景況感改善 »

2014年4月29日 (火)

米国ECの小売シェア最大に

eMarketerによると、2014年の小売売上は4.732兆ドルになると予測した。そのうちEコマース売上は3,042億ドルで、シェアは6.4%。いままでで最も高いシェアとなる見込だ。

ちなみに2013年の小売売上は4.5兆ドル。Eコマース売上高は2,633億ドルだから、シェアは5.9%。2014年の成長率は15.5%だ。2018年のEコマース売上予測は4,915億ドルである。

2014年の売上で最も多いジャンルはコンピュータ・家電で、664億ドル。これが2018年には1,084億ドルになる。ついでアパレル・アクセサリーが520億ドルで、2018年には869億ドルに。自動車・部品は316億ドルが。516億ドルになる。

2014年の成長率が最も高いのは書籍・音楽・ビデオで17.0%。ついでアパレル・アクセサリーの16.2%、自動車・部品の15.9%となっている。2013年Eコマースの約半数以上がスマートフォンやタブレットからのものとなっている。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/32216849

米国ECの小売シェア最大にを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart