« 米国ECの小売シェア最大に | メイン | ShopKeepが25億円新規調達 »

2014年4月30日 (水)

米国SMBの景況感改善

2014年にはいり、米国スモールビジネスの事業主の景況感が、ここ5年で最も楽観的なものになった。2013年は逆に景気の先行きを懸念する度合いが強かっただけに、米国の景気が大きく改善しているようにみえる。

U.S.Bankのスモールビジネス調査は2014年で5回目。米国経済についての質問に対し、リセッション中という回答は34%、リカバリーは52%、拡大は4%、不明が10%だった。つまり56%が明るい見通しをもっている。

2013年はリセッションが43%、リカバリーが45%、拡大が1%、不明が10%だった。これと比較すると、2014年の明るさが際立つ。

2015年の見通しはどうか。リセッションは26%に減り、リカバリーも41%に減少。拡大が16%と飛躍する。不明は17%だ。さらに明るい未来を予想している。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/32217493

米国SMBの景況感改善を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart