« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

WFがApple Pay利用促進

米国のApple Pay関係者は、これをぜったいに成功させようと強い意識をもっている。さもなければ、モバイルNFC決済は消費者から見放されてしまうからである。

ウェルズファーゴはApple Pay利用促進のため、インセンティブをつけることにした。クレジットカードでApple Payを利用する人には20ドルのクレジット。デビットやプリペイドカードの利用者には10ドルのクレジットをつける。

期間は11月30日まで。この間にクレジットカードでApple Payを利用すれば、請求額から20ドルが減額される。デビットやプリペイドカード利用者は利用から45日以内に口座に10ドルが振込まれる。

Apple PayはNFC非接触という利便性だけでなく、カード番号をトークン化して利用するためセキュリティが格段に強化される。カード業界ではこの普及の足がかりになるとみているのだ。

Wellsapppay1410s

2014年10月30日 (木)

万能決済端末Poynt登場

磁気ストライプカードからICカードへ。セキュリティ強化のため、世界が決済カードのIC化へ本格的に動きはじめた。マーチャントはこれを受付ける端末に切替えなければならない。

いっぽうでApple Payが登場し、NFC非接触決済が流行りそうだ。モバイル決済ではバーコードも無視できない。端末が何台あってもたりない。

そんな悩みを解消する万能端末が登場した。ポイント(Poynt)である。1台の端末に磁気ストライプカードとICカードリーダ、NFCアンテナとブルートゥースアンテナ、そしてQRコード・バーコードカメラがついている。

顧客の決済方法は十人十色。これだけの決済方法を揃えていればキャッシュレス決済のほぼすべてをカバーできる。紙のレシートもプリントアウトできるものうれしい。

なんと言っても、その美しいフォルムはマーチャントを魅了する。いままでのゴツゴツした決済端末ではなく、シンプルでスマートなのだ。

価格は499ドルだが、いま事前予約すると299ドル。2015年初頭には出荷される予定だ。

Poyntts

2014年10月29日 (水)

FDがビーコン加速

Apple Payの登場でやや影が薄くなっていたビーコンだが、マーチャントと顧客をモバイルでつなぐソリューションとして実用化が進んでいる。

世界最大の決済ソリューション提供会社ファーストデータ(FD)は、米国の中小マーチャント向けにビーコンを拡販すると発表した。

FDはパーカ(Perka)というモバイルのロイヤルティソリューションを提供しているが、それをパーカビーコンで進化させた。

店頭やPOSレジの近くにこのビーコンを設置。顧客が来店すると自動的に認識し、商品情報やリウォーズを提供する。中小マーチャントがこれを使えば、マーケティングやロイヤルティプログラムをカスタマイズできる。

Perkabeaconhps

2014年10月28日 (火)

金融M&A23%の伸び

世界のM&Aで、金融セクターの取引が伸びている。2014年第3四半期のM&A価格は前年同期比23%アップした。

第3四半期までの金融テクノロジー大型M&Aのうち、7割が決済関連である。そのうち3件は第3四半期に取引された。

10億ドルを超える大型案件は2件。フリートコア(FleetCor)のコムデータ買収が35億ドル。インジェジコのグローバルコレクト買収が11億ドルだった。

2015年には金融セクターのM&Aはさらに伸びる。Apple PayでNFC関連とMobile関連は注目だ。ICカードやセキュリティ関連も、米国大統領令や業界自主規制からホットになる。

2014年10月27日 (月)

ロイズ銀行が9,000人カット

英国メガバンクのひとつロイズ銀行は、大幅な人員削減をすると発表した。今後3年間で9,000人を削減するという。これは全従業員の10分の1に相当する。

顧客の多くはリアルの支店よりオンラインバンキングへシフトしている。従来のままではリアルの支店を利用しない。ということで、支店の閉鎖が人員削減の主な要因としている。

しかし本当のところは、人員削減によって利益を上げること。リーマンショックや欧州金融危機で政府の援助を受けたが、そのつけを早期返済しようというわけだ。

これはロイズ銀行の3年計画の一環として発表された。ロイズ銀行の株式の25%は英国政府が保有している。

Lloydshp1410s

2014年10月26日 (日)

QRモバイル決済のヨーヨーが躍進

Apple PayのNFC非接触決済が世界中で話題になっているが、今すぐ使えるQRモバイル決済もそれなりに頑張っている。

QRモバイル決済の代表例はスターバックスだが、英国のスタートアップが成果を上げはじめている。そのベンチャーとは、Yoyo(ヨーヨー)。2013年の設立で、5oo万ドルの資金を調達している。

ターゲットしているのが大学で、ウェストミンスター大学やエセックス大学、グリニッジ大学など9校に導入されている。ヨーヨーを採用する大学は、2015年末までには40校になる見込みだ。

2014年1月のサービスインから登録者は11,000人。2014年末には20,000人になる。トランザクション件数は毎月50,000件で、年末までには倍以上になると予測している。

大学だけでなく小売流通にも拡大中で、Fernandez & Wellsや Chop & Work、Hummus Brosなどにも採用されている。

Yoyomobile

2014年10月25日 (土)

ワールドシリーズでApple Pay

今週からはじまったメジャーリーグのワールドシリーズ。今年は青木選手が所属するロイヤルズとサンフランシスコジャイアンツが、王者の椅子をかけて戦っている。

球場はカンサスシティとサンフランシスコの2カ所だが、そこで新たなチャレンジがはじまっている。球場の飲食カウンターでApple Payが使えるのだ。

白熱する試合の合間にビールやスナックを買う。そんな時にいちいち小銭のやり取りをしていたのではラチがあかない。

Mobile非接触決済なら、スピーディに支払える。ビールやスナックだけでなく、今後はチケットも買えるようになる。スポーツ施設での非接触決済は加速するだろう。

2014年10月24日 (金)

Squareがペイロールへ進出か

マーチャント向けのサービスで破壊的革新をつづけているSquareが、ペイロールサービスへ進出しようとしている。現在はまだベータ版で、カリフォルニアの特定の企業でテスト中だ。

ペイロールもマーチャント向けサービスのひとつ。中小マーチャントの従業員への給与支払いをサポートする。給与支払いは小切手方式かダイレクトデポジットで、税金処理もする。

中小マーチャントは、給与支払いや税金処理に時間を割く余裕のないところが多い。Squareがこの煩雑な処理を引き受けようという狙いだ。

サービス価格は、従業員1人につき、毎月10ドルという設定にしている。Squareは加盟店のさまざまな悩みを解決することによって、競合他社との優位性を打ち出そうとしている。

Squarepayroll1410s

2014年10月23日 (木)

リカーリーが12億円調達

雑誌の定期購読やアプリの定額利用など、定期決済(リカーリング)を専門にする米国のリカーリー(Recurly)が1,200万ドル(約12億円)を調達した。

顧客にはグルーポンやアドビ、リンクトイン、CBSインタラクティブなどが名を連ね、数千社が利用している。

定期決済のリスクは、登録しているクレジットカードやデビットカードの限度額オーバーだ。これを回避するのがサービス提供会社の優劣を決める。

リカーリーはこのリスクを27%も削減した。さらに、悪意を持った高リスク客も判別している。導入も簡単で、数日でサービスを提供できるようになる。

リカーリングビジネスはSASの伸びで増える。購入から利用へ、企業ニーズが変わっているからだ。

Recurlyhp1410s

2014年10月22日 (水)

米国加盟店の約半数がIC対応

2015年末までに米国加盟店決済端末の少なくとも47%がICカード対応になる。そう予測したのは、米国の大手アクワイアラが参加する決済セキュリティタスクフォース。

バンクオブアメリカやチェイス、シティ、バンティブ、ファーストデータ、イラボン、ウェルズファーゴ、グローバルペイメントなどが、このタスクフォースに参画している。

約半数という予測は、米国決済総額の約80%を占める上記アクワイアラが予測したもの。このタスクフォースはセキュリティ強化に向けて2014年3月に組成された。

大統領令も公布され、米国では決済業界全体がセキュリティ強化を加速している。日本も早晩この波はくる。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart