« AmexとNetsがMウォレット | メイン | SMBの40%強は金融音痴 »

2014年11月19日 (水)

脈拍で個人認証NFC決済

パスワードやPINは盗まれたら本人以外でもなりすませる。しかし、バイオメトリクス(生体認証)はなりすましがむずかしい。

アップルは指紋認証のタッチIDで、セキュリティを確保。アップルペイでもこのタッチIDを活用している。

確実に本人を特定できる生体認証として脈拍を利用したのが、カナダのベンチャー企業バイオニム(Bionym)である。

ウェアラブルバンドで脈拍や心電図を検知して車や自宅のロックを解除する。商品名はニミ(Nymi)だ。ウェアラブルはまだ黎明期。健康関連だけでなく、さまざまな用途が検討されている。

これを使えば脈拍を利用したNFC非接触決済もできる。バイオニムはMasterCardやRBCと提携。2015年初頭からパイロットを開始する。

リストバンドを使えば、指紋認証よりも素早く決済ができる。そこが売りだ。

Imgbandstack

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/33050155

脈拍で個人認証NFC決済を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart