« 多機能決済端末無料配布 | メイン | モバイル利用者はプリペイド利用者 »

2014年12月22日 (月)

株式ギフトカードがパワーアップ

AppleやFacebook、Googleなどの株式をギフトカードにしてプレゼントできたら、受け手はそのブランドや株価に興味をしめすだろう。という着想で創業したのがストックパイル(Stokpile)である。

プリペイドカードに株式というバリューをチャージする新たなビジネスモデルで、2014年春のFinovateでBest of Showを獲得した。そのストックパイルがクラウド金融ソリューションのヨドリー(Yodlee)と提携し、銀行の口座顧客にサービスを提供することになった。

デビットカードの利用で1ドル以下の小銭は切上げて引落し、端数を1カ月間ためてそれを顧客の好きな株式に自動的に投資できるようにする。もちろんオンラインバンク口座から直接株式ギフトカードを購入することも可能だ。

Fedの調査によると、年収でトップ10%にはいる人たちはほとんど全員が株式を保有しているが、米国人の86%は自分の株式をもっていないという。この層を対象に株式販売を加速する。

Stocksss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/33090483

株式ギフトカードがパワーアップを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart