« プリカでリウォーズ1% | メイン | カジノにデジタル決済 »

2015年8月28日 (金)

こんなにかかる当座預金口座コスト

米国の当座預金利用者は大変なコストを支払っていることがわかった。調べたのはウォレットハブ(WalletHub)で、2015年米国銀行の当座預金利用料を比較した。

 

最も高かったところは1年間に800ドル。年間1万円も銀行口座保有の費用を支払っている。日本では考えられない。

 

費用の内訳は、口座維持費用やオーバードラフト費用などである。特にオーバードラフト費用は頭痛のタネだ。当座預金なので当座貸越できるのだが、その費用がかかる。

 

これを回避する最良の方法はプリペイドカードの利用である。プリペイドカードは使いすぎの心配がない。

Usaccoussssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/33519687

こんなにかかる当座預金口座コストを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart