« P2P決済が加速する | メイン | MC優勝者はマレーシアチーム »

2015年12月 9日 (水)

Amexが現金リロード拠点拡大

Amexはプリペイドに必要な現金のリロード拠点を拡大している。クレジットカードのステータスブランドAmexは、プリペイドのサーブ(Serve)を品揃えに加え、若年層やクレジットカードをもてない人たちを獲得している。

 

プリペイドの利用を増やすためには、現金をリロードできる拠点が必須。Amexは新たにダラージェネラル(Dollar General)やライトエイド(Rite Aid)と提携した。

 

ダラージェネラルは全米43州で12,396店舗を運営している。これで、Amexのリロード拠点は45,000カ所を超えた。

 

Amexは3種類のプリペイドを発行している。そのひとつフリーリロードであれば、45,000カ所のリロードが無料になる。

Amexsssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/33666589

Amexが現金リロード拠点拡大を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart