« 欧州IRF規制スタート | メイン | Gウォレットで電話番号送金 »

2015年12月17日 (木)

米国ホリデーショッピングの目玉は

今年のホリデーシーズンの贈物に米国民はいくら使う予定なのか。決済プロセッサーのバンティブ(Vantiv)が調査した。

 

平均のギフト予算は600ドル。去年とほぼ同額だ。750ドル以上使うという人は27%。逆に249ドル以下と回答した人は33%いた。

 

ギフトの中身はどうか。複数回答であるが、最も多かったのはギフトカードで2人に1人が購入予定と答えた。米国民のプレゼント慣習にギフトカードが定着している。

 

ついで衣服が45%、書籍が31%、おもちゃが23%とつづく。かわったところでは、タブレットが13%、携帯電話が12%、ウェアラブルが8%。モバイル機器がホリデーシーズンの贈物に名をつらねるようになってきた。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/33672435

米国ホリデーショッピングの目玉はを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart