« ATMでカードレス出金 | メイン | 快進撃するP2P送金 »

2016年2月19日 (金)

ユニコーンの失墜

フィンテックのユニコーン(時価総額10億ドル以上)の一角が失墜した。英国で注目のフィンテックPowa Technologies(パワテクノロジーズ)が資金繰りで窮地に陥っている。従業員や仕入先への支払いができない状態になっているのだ。

 

2015年12月にドン・ワグナーCEOが従業員にあてたビデオレターで「従業員への支払いを失念または遅れていると」語った。フィナンシャルタイムズによると、仕入代金やオフィス代も支払われていないという。

 

パワはQRコードをベースにしたモバイル決済提供会社。アディダスやロレアル、ユニリーバなどのショップも参加していた。

 

これまで調達した資金はなんと1.75億ドル。時価総額は27億ドルでユニコーンクラブ入りしていた。しかし、その大半を浪費したようだ。ロンドンの金融街にあるオフィス家賃は年間360万ドル(約4億円)だ。

 

昨年12月には銀聯との提携を発表したばかり。しかし今、銀聯はApple Payを最優先に推進している。アプリダウンロード数は12月時点で数十万件だった。

 

フィンテックブームの終わりのはじまりが世界各地で起きている。

Powafail

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/33745381

ユニコーンの失墜を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart