« シティがプリペイドを売却 | メイン | デンマーク初Mウォレット始動 »

2016年7月10日 (日)

アマゾンが独自ブランド食品販売へ

当然の成り行きであろう。Eコマース最大手のアマゾンが独自ブランドのコーヒーやベビーフードの販売に乗り出した。

 

コーヒーブランドはHappy Belly(ハッピーベリー)、ベビーフードはMama Bear(ママベア)である。こられはアマゾンのプライム会員だけが買える。

 

ママベアベビーフードはオーガニック、ハッピーベリーコーヒーは中南米産の100%アラビカコーヒーで、24時間以内に焙煎してパックした製品。

 

コーヒーは12オンスバッグで9.99ドル。ベビーフードはアップルとブルーベリーか、アップルと洋梨にバナナをミックスしたものの2種類で、各4オンスビン12個で12.49ドルである。

 

独自ブランドといえば安売りのイメージがあるが、アマゾンのオリジナルブランドはいずれもこだわりのあるプレミアム商品だ。

Amazonbabyfood

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/33874851

アマゾンが独自ブランド食品販売へを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart