« クレカ上限規制で1.5兆円が浮く | メイン | Chase PayフィリップスでもOK »

2016年8月22日 (月)

米国ブランドプリカ市場15兆円

VisaやMasterCard、Discoverの国際ブランドがついたプリペイドカードの2015年実績をニルソンレポートが発表した。ショッピング取扱高は1,450億ドル(約15兆円)で、前年比13.0%の伸びとなった。

 

プリペイドカード取扱件数は前年比12.3%成長で42.5億件だった。1件あたりの利用金額は34ドル。日本のプリペイドカードは1,000円以下での利用が多いが、米国ではデビットカードとほぼ同じ単価である。

 

カード1枚あたりの年間利用金額は、平均522ドル。プリペイドカード発行トップ50社の2015年末時点のカード発行枚数は、2億7,800万枚だった。前年対比5.9%増えている。

NCB Labによると、日本の国際ブランドプリペイド取扱高は0.3兆円で、米国のわずか2%と少ない。

Prepaid16ssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/33911721

米国ブランドプリカ市場15兆円を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart