« クレジットカードは米国人でも怖い | メイン | ペイパルが銀行提携加速 »

2016年12月25日 (日)

米英で進むキャッシュレス

国際法律事務所のポールハスティングズ(Paul Hastings)は、米国のキャッシュレス決済額は2026年までに46兆ドルになると予測した。日本円に換算すると5,000兆円を超える。日本と比較すると雲泥の違いだ。

 

英国はどうか。キャッシュレス決済額は2016年現在1.14兆ポンド。10年後の2026年には1.44兆ポンドになるという予測だ。日本円に換算すると200兆円を超える。

 

しかし完全キャッシュレスというわけにはいかない。

なぜ完全キャッシュレスにならないのか。その理由はセキュリティにある。利用できる場所が少ない、顧客サービスが悪い、金利が高いなどの理由を抑えてトップとなった。

 

米国消費者の48%、英国消費者の53%が、不正リスクが減ればキャッシュレス決済を使うと回答している。

 

Cashlessusuk

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34018139

米英で進むキャッシュレスを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart