« ベネズエラでも高額紙幣強制廃止 | メイン | アメックスが買収した会社 »

2016年12月15日 (木)

デビット手数料キャップ変更せず

米国で、デビットカードのカード発行者手数料に上限規制をかけたのが2011年。キャップは取扱高の0.05%+21セントだ。これによって、デビットカード発行会社の売上は3分の1になった。

 

レギュレーションⅡというこの法律は、一般にはダービン法として通っている。2年に一度見直すことになっているが、2017年には据え置きになる公算が高い。

 

Fed(連邦準備制度:米国の中央銀行に相当)の調査によると、デビットカード発行者のコストは下がっている。2015年のオーソリ、売上、清算の平均コストは4.2セントだった。2011年のコストは9.4セント、2013年は4.6セントだから年々減少している。

 

全米小売業協会は上限を下げるべきだと主張しているが、Fedは据え置く方針だ。中小のデビットカード発行者に与える影響を考えてのことである。

 

2015年に発生したデビットと汎用プリペイドカードのIRF(発行者手数料)は全米で184.1億ドル(約2兆円)にもなる。全米小売業者にとっては大きなコスト負担になっている。

Usdebitirf

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34015032

デビット手数料キャップ変更せずを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart