« ロシア中央銀行をハッキング | メイン | バンキングの本格フィンテック登場 »

2016年12月12日 (月)

SMB融資のCAN Capitalに異変

スモールビジネス向けオンライン融資のキャンキャピタル(Can Capital)に異変が起きているようだ。

 

CEOのダン・デメオ(Dan Demeo)氏が突然辞任した。解任されたのかもしれない。これまで法務を担当していたパリス・サンチェ(Parris Sanz)氏がCEOに就任。COOには顧客センター長が就任している。

 

キャンキャピタルは2010年創業のフィンテックベンチャー。時代の寵児としてもてはやされていた。これまで調達した資金は3回のラウンドで9,300万ドル。融資総額は60億ドルだ。

 

問題は回収方法。日々の売上から返済という仕組みが機能しなかった。特定の融資が期待値に達せず、回収のプロセスを変える必要があるとレビューしている。

 

現在7万件のスモールビジネスに融資しているが、2016年中の新規融資はストップし、既存顧客のサービスに集中する計画だ。

Cansssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34015364

SMB融資のCAN Capitalに異変を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart