« インドでVisa利用2倍 | メイン | 中国2大M決済300兆円を超えた »

2017年4月29日 (土)

ラッパーがM銀行の経営アドバイス

英国のモバイル専業銀行Atom Bankに異色のアドバイザーが加わった。米国のグラミー賞受賞ラッパーであり、音楽プロデューサーであるウィル・アイ・アム(will.i.am)だ。

 

役割は戦略的ボードアドバイザー。外部の視点から、文化やフィランソロピー、テクノロジーをAtom Bankに注入する。

 

契約は3年間。ウィル・アイ・アムはAtom Bankの株を1株1.15ポンドで355万株を購入できるオプションをもらう。

 

Atom Bankはウィル・アイ・アムをアドバイザーにすることによって、数百万人のファンへAtom Bankブランドを訴求できる。とともに、ユニークな発想やトレンドを取り入れられると判断した。

 

バンキングサービスと音楽との融合。これはおもしろい。

 

Atombankmusic

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34057040

ラッパーがM銀行の経営アドバイスを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart