« Amazon Payが欧州進出 | メイン | アファームが100万件を超えた »

2017年4月24日 (月)

携帯キャリアが銀行設立

欧州でモバイル専業銀行がつぎつぎに誕生しているが、今度はフランスの携帯キャリアが参戦した。その名はオレンジバンク(Orange Bank)。

 

そう、フィンテックに積極的なオレンジが本格的に銀行業へ進出する。スタートはこの夏。オレンジが美味しいシーズンに。

 

オレンジの携帯電話契約者でなくても口座開設が可能。口座を開設すれば、当座貸越枠、定期預金口座、そしてVisaデビットカードがついてくる。

 

カードを使うと、オレンジバンク専用アプリに通知が届く。利用明細を参照できる。モバイルでカードの利用制限。という基本機能を具備。

 

アンドロイド端末であればOrange Cash、iOSであればApple Payを使ってNFC非接触決済もできる。当然ながら、個人間送金サービスも実装する計画だ。個人間送金はSMSを利用する。

現在保険や融資も検討中。APIを公開し、先進的なフィンテックと組んでユニークなサービスをスピーディに提供する。まずはフランスでスタートし、スペインやベルギーでもサービスを展開する予定だ。

Orangebk1ssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34056361

携帯キャリアが銀行設立を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart