« 2017年4月 | メイン

2017年5月

2017年5月27日 (土)

P2P22億円調達を何に使う

モバイルP2P決済が花盛りだ。モバイルP2P決済といえばVenmoやSquare Cash、PayPal me、Chase QuickPay、Paym、Pingit、Swishなどが厳しい競争を繰り広げている。

 

そこへ殴りこんだのがバース(Verse)である。2015年2月の設立で、サンフランシスコとバルセロナに本拠を構えるベンチャー。5月16日にシリーズBで2,050万ドルを調達した。総調達額は3回のラウンドで3,060万ドル。

 

欧州のVenmoをめざすVerseは、現在欧州を中心に27カ国で展開。スペインやイタリア、ポルトガルで強い。今回調達した資金でスイスとノルウェー、さらに中南米のメキシコやブラジル、コロンビアへ進出する計画を立てている。

 

ユニークなのはイベント機能。例えばBBQパーティの開催。日時と場所、そして参加費用を仲間に呼びかけ、Verseで参加費を集められるようにしている。

 

2016年2月にサービスを開始。秋には利用者数が55万人と急拡大。毎月30%増という勢いだ。送受金の手数料が無料という気安さがミレニアルズを中心に受けている。

Verseevent

2017年5月26日 (金)

Apple Pay英国で上昇気流に

Apple Payが英国に上陸したのは2015年。当時Apple Payを受付けるマーチャントは一握りしかなかった。しかも利用制限が30ポンドと厳密に規制されていた。

 

それから2年、英国の非接触決済端末のうち、半数以上がApple Payを受付けられるようになった。と同時に、非接触決済の上限は30ポンドというキャップも撤廃された。

 

なぜ撤廃されたかというと、Apple Payは利用時に指紋認証やパスコード認証するからである。非接触カードの場合はPIN入力を省略するためにキャップを設けていた。

 

2016年、英国でのApple Pay取扱件数は300%も成長した。現在絵英国銀行23行がApple Payサービスを提供している。

 

非接触決済の上限撤廃で、Apple Payをはじめ、モバイル決済の多くがカードを押しのけて決済の主流に躍り出るだろう。

Ukapplepay

2017年5月25日 (木)

大型調達したフィンテック

技術革新が新たなビジネスチャンスを生み、既存勢力を追い落としてしまう。投資の世界でもそれが起きようとしている。

 

これまでブルームバーグが独占してきた投資情報市場だが、そこに新参者が現れた。2014年9月30日創業のフィンテックベンチャーSymphony(シンフォニー)である。

 

5月16日PNB Paribasのリードで6,300万ドルを調達。これまで3回のラウンドで総額2億2,900万ドルを調達している。時価総額は10億ドルを超え、ユニコーンクラブの仲間入りを果たした。

 

サービスをスタートしたのは2015年。ゴールドマンサックスやシティ、ドイツバンクなど14社のブローカー14社が参加した。

 

クラウドをベースにしたメッセージングプラットフォームで、企業と従業員、そしてクライアントとのコラボレーションを効率よく安全に管理できるのが特徴。投資のコミュニティを形成し、インタラクティブな関係を構築する。

 

今回調達した資金は主にアジア展開に活用する。

Symphonysssss

2017年5月24日 (水)

ブラジルのフィンテックへ投資しよう

ブラジルの景気はようやく上向きはじめたようだが、その波に乗って、ゴールドマンサックスがブラジルのフィンテックに関するレポートを発表した。45ページにわたるレポートだ。

 

ブラジルには現在200社のフィンテック企業がある。これらが生む収益は今後10年間で240億ドル(2.5兆円)になると予測している。

 

注目セクターは、決済、融資、パーソナルファイナンス、そして保険。ブラジルにおけるフィンテックの影響は、多くの国にくらべて大きなものになるという。

 

というのも、これまではブラジルの銀行が金融サービスを独占してきたからである。例えばローン。大手5行のローン残高シェアは84%。5行の支店数は全銀行支店数の90%にもなる。

 

消費者視点に立ったフィンテックが食い込む余地は十分ある。

Brazilfintech

2017年5月23日 (火)

カード犯罪のターゲットは

米国でクレジットとデビットカードの不正アラートが止まらない。2015年から15%増えた。調査したのはCreditCard.com。

 

クレジットカード不正アラートを受け取ったのは、米国成人の31%。デビットカード不正アラートは米国成人の25%になる。

 

テキストメッセージやEメールが普及しているにもかかわらず、ほとんどの不正アラートは有人による電話連絡だ。

 

アラートを受け取った人の世帯年収をみると、高所得者の方が多い。7,5万ドル以上の世帯は68%、3万ドルから5万ドル未満が40%、3万ドル未満になると26%と下がる。

 

不正を働く悪人はリターンの多いターゲットを狙う。高額所得者のクレジットカードは限度額が高い。デビットカードは当座預金残高が限度。デビットよりクレジットが狙われるのはそのためである。

Photo

2017年5月22日 (月)

カルフールがモバイルQR決済

フランスのスーパー大手カルフールはBNP Paribasと提携し、モバイルQR決済をスタートした。サービス名称はLyf Pay(ライフペイ)。

 

Lyf PayはBNP Paribasのモバイルサービス「Wa!」とカルフールの電子財布Fivoryの統合によって生まれた。キーワードは、簡単(Simplicity)、便利(Convenience)、そしてパーソナル(Personalisation)である。

 

リアル店舗やオンラインでの決済のほか、P2P個人間決済も可能。MastercardやAuchan、Totalなどもサポートする。大手小売りチェーンだけでなく、ローカルショップにも展開する予定だ。

 

QR決済なので、スマートフォンの機種やOSに関係なく誰でも使える。NFC非接触決済の端末が整うまでは、当面QR決済が主流になるだろう。

Lyfpaysssssss

2017年5月21日 (日)

AmexとAlexaが組んだ

アマゾンのバーチャルアシスタントAlexaがAmexで使えるようになった。

 

このサービスを利用するには、Alexa搭載機器から必要なSkillを選び、Amexのオンライン口座と連携する。

 

音声コマンドは「Alexa, Open Amex」。4桁のPINコードでアクティブになる。

 

口座残高や直近の利用照会、特典の参照、そして請求書やオンラインショッピングでの支払いが音声で可能となる。

Amazonamex

2017年5月20日 (土)

CUP一帯一路で躍進

銀聯(CUP)が一帯一路で勢力を拡大している。カードのアクセプタンスを増やし、カード発行を加速している。

 

一帯一路では50の国と地域で活動中。それぞれの地域事情に合わせた戦略を実行している。

 

カザフスタンでは、この2年間で、ATMのカバレッジが50%から80%に、POSのカバレッジは20%から80%に拡大した。UnionPayのカード発行枚数は130万枚を超えている。

 

パキスタンではほとんどのPOSで受付可能。ATMのカバレッジは70%を超える。カード発行枚数は340万枚である。国際ブランドのシェアは2位。

 

ロシアでは34万台のPOSと4.1万台のATMで受付可能。今年末までにカバレッジを80%に拡大する計画だ。

銀聯は習近平総書記の描いた一帯一路構想にのっとり、世界に販路を拡大している。

Photo

2017年5月19日 (金)

カナダのロボ投資が30億円調達

ロボアドバイザーのウェルスシンプル(Wealthsimple)は3,700万カナダドル(30億円強)を調達した。

 

ウェルスシンプルはカナダのトロントに本拠を構えるフィンテックベンチャー。2014年の創業、これまで4回のラウンドで8,266万ドルを調達している。

 

顧客数は3万人。預り資産は10億ドルを超えている。対象地域はカナダと米国。今年初めから全米50州の投資家へサービスを開始した。

 

他のロボアドバイザーとの違いは、口座開設の最低金額が不要なこと。口座管理料として0.5%をもらう。コンセプトは「富の民主化」。一般の人たちも気軽に資産を管理できるようにすることだ

Welthssss

2017年5月18日 (木)

MobileP2P決済の実態が明らかに

借りた金は返さない。借りた金は自分のもの。ある時払いの、催促なし。と、今までお金にルーズだった人も、モバイルP2P決済アプリの登場で、返さざるを得ない状況になっている。

 

バンクオブアメリカの調査によると、モバイルP2P決済アプリを使っている米国成人は36%いることがわかった。ミレニアルズになると62%と倍近くになる。

 

モバイルP2P決済アプリを使ったことのない人も、来年までには使うと回答した人が45%いた。

 

なぜP2P決済を利用するのだろうか。いちばんの理由は利便性と時間の節約(68%)。ついで友人の影響が48%と多かった。銀行の特典(30%)、現金や小切手を使いたくない(16%)がつづく。

 

借りたお金はいつ返しているのか。当日内に返すと答えた人が69%。ほとんどの人が当日に借りたお金を返している。1時間以内という人は3分の1だった。

Mobilep2p

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart