« カナダのロボ投資が30億円調達 | メイン | AmexとAlexaが組んだ »

2017年5月20日 (土)

CUP一帯一路で躍進

銀聯(CUP)が一帯一路で勢力を拡大している。カードのアクセプタンスを増やし、カード発行を加速している。

 

一帯一路では50の国と地域で活動中。それぞれの地域事情に合わせた戦略を実行している。

 

カザフスタンでは、この2年間で、ATMのカバレッジが50%から80%に、POSのカバレッジは20%から80%に拡大した。UnionPayのカード発行枚数は130万枚を超えている。

 

パキスタンではほとんどのPOSで受付可能。ATMのカバレッジは70%を超える。カード発行枚数は340万枚である。国際ブランドのシェアは2位。

 

ロシアでは34万台のPOSと4.1万台のATMで受付可能。今年末までにカバレッジを80%に拡大する計画だ。

銀聯は習近平総書記の描いた一帯一路構想にのっとり、世界に販路を拡大している。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34060661

CUP一帯一路で躍進を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart