« Android Payさらに5カ国 | メイン | ロボットが子供の金融教育 »

2017年5月29日 (月)

Googleリアル店舗購入データを測定

2017年5月23日、Googleはデジタル広告を見た人が、リアル店舗でいくら使ったかを測定できるツールを発表した。

 

広告価値を高めるには、その広告でどれだけものやサービスが購入されたかという実売データが有効だ。オンライン検索のGoogleにとって、この実売データは喉から手が出るほど欲しい情報である。

 

これがあれば、Googleは広告主に最適なマーケティングソリューションを提供できる。広告主にとって、投下したマーケティング費用でどれだけのリターンがあったかがわかれば、もっと効率的なマーケティング施策を打てる。

 

このツールはクレジットやデビットカードとGoogle広告とをマッチングできるというもの。ただし、何を購入したか、誰が購入したかという特定はできない。

Googleanatool

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34062394

Googleリアル店舗購入データを測定を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart