« KPMGが買収したフィンテック紹介サイト | メイン | カナダのロボ投資が30億円調達 »

2017年5月18日 (木)

MobileP2P決済の実態が明らかに

借りた金は返さない。借りた金は自分のもの。ある時払いの、催促なし。と、今までお金にルーズだった人も、モバイルP2P決済アプリの登場で、返さざるを得ない状況になっている。

 

バンクオブアメリカの調査によると、モバイルP2P決済アプリを使っている米国成人は36%いることがわかった。ミレニアルズになると62%と倍近くになる。

 

モバイルP2P決済アプリを使ったことのない人も、来年までには使うと回答した人が45%いた。

 

なぜP2P決済を利用するのだろうか。いちばんの理由は利便性と時間の節約(68%)。ついで友人の影響が48%と多かった。銀行の特典(30%)、現金や小切手を使いたくない(16%)がつづく。

 

借りたお金はいつ返しているのか。当日内に返すと答えた人が69%。ほとんどの人が当日に借りたお金を返している。1時間以内という人は3分の1だった。

Mobilep2p

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34060226

MobileP2P決済の実態が明らかにを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart