« ペイパルの新SMサービス | メイン | Squareがプラスチックカード発行 »

2017年5月10日 (水)

米国デビットカードNo.1は

米国でデビットカードが本格的に発行されはじめたのは1990年初頭。クレジットカード全盛の米国でデビットカードは流行らないと多くの人が考えていた。

 

そこに風穴を開けたのが、バンクオブアメリカ。デビットカードを使えば端数を丸め、利用額との差を貯蓄にまわせるというサービスで一躍人々の心をつかんだ。(1ドル56セントなら2ドルに丸め、44セントを貯蓄にまわす。3カ月間の貯蓄額に2倍のボーナスがついた)

 

それが有名なキープザチェンジ(Keep The Change)キャンペーン。小銭を貯めようというキャッチーなテレビ広告は話題となり、デビットカードの保有者と利用が急拡大したのである。

 

バンクオブアメリカといえば、デビットカード。デビットカードといえば、バンクオブアメリカといわれるまでになった。

 

それから25年、2016年のデビットカード利用額(現金引出しを除く)でトップの座を射止めたのはどこか。

 

バンクオブアメリカではない。はじめてチャンピオンベルトを奪い取ったのはウェルズファーゴである。

 

調査会社のニルソンレポートによれば、2016年ウェルズファーゴのデビットカード(プリペイド含む)取扱高は3,068億ドル。バンクオブアメリカは2,989億ドル、79億ドルの差で2位に転落した。3位はチェイスの2,725億ドルである。

 

それにしても日本と米国の差は何によるものか。米国メガバンクのデビット取扱高はそれぞれ約30兆円。日本で1兆円を超えるところはない。

2016

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34059652

米国デビットカードNo.1はを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart