« Samsung Payさらに4カ国 | メイン | テンセントが出資した豪州国際送金決済 »

2017年5月 7日 (日)

モバイルPayのゆくえ

Apple Pay、Android Pay、Samsung Payは今後どう伸展するのだろうか。IHS Markitが調査した。

 

これらのモバイルPayが伸びるためには、機器が対応していなければならない。2016年の対応機種は約27億台だった。

 

これが2017年末までには34億台になり、2020年末までには50億台を超え、2021年には53億台になると予測している。

 

2017年末までに、各陣営のモバイル機器に占める対応機種の比率は次のようになる。Apple Payは11%、Android Payは61%、Samsung Payは3%。

 

この数字からいうと、Android Payが最も進んでいるように思えるが、先行しているのはApple Payだ。早くスタートしたこともあるが、グローバル展開のスピードも関係している。

Apple Payは15カ国、Android Payは10カ国である。Samsung Payは2017年4月、新たに4カ国を加え16カ国になった。2016年のApple Pay取扱高は、日本が貢献し前年比5倍になった。

 

販売台数と対応機種ではAndroid陣営が最も強いのだが、利用者を増やすにはパートナーとマーケティングがカギを握る。

Mobilepay1705

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34058361

モバイルPayのゆくえを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart