« カナダで24X7NWバトル | メイン | Walmartが格安送金サービス »

2017年5月 4日 (木)

ロビンフッドがユニコーンに乗った

モバイル投資のロビンフッド(Robinhood)が新たに1.1億ドルを調達した。今回を含め4回のラウンドで調達した総額は1.76億ドルになる。

 

ロビンフッドは2013年創業のスタートアップ。本社はパロアルト。特徴は取引手数料無料(Zero Commission)だ。

 

従来の株式取引は手数料が有料だった。E*Tradeの場合、最大で10ドルの手数料がかかる。ロビンフッドはこれを無料にした。

 

現在利用者は200万人。取扱高は500億ドル(5.5兆円)を超えている。利用者の手数料削減は計り知れない。

 

マネタイズはどうしているのか。2016年にはRobinhood Premiumを開設。月間10ドルの手数料を徴求している。

 

Premium会員は信用枠を付与され、時間外取引ができる。利用者は月間17%の勢いで伸びているという。

 

今回の大型投資をリードしたのはDST Global。Index VenturesやGreenoaks Capital、Thrive Capital、Ribbit Capitalも参加している。これでロビンフッドの時価総額は13億ドル。ユニコーンの仲間入りを果たした。

Robinimage

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34057437

ロビンフッドがユニコーンに乗ったを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart