« カルフールがモバイルQR決済 | メイン | ブラジルのフィンテックへ投資しよう »

2017年5月23日 (火)

カード犯罪のターゲットは

米国でクレジットとデビットカードの不正アラートが止まらない。2015年から15%増えた。調査したのはCreditCard.com。

 

クレジットカード不正アラートを受け取ったのは、米国成人の31%。デビットカード不正アラートは米国成人の25%になる。

 

テキストメッセージやEメールが普及しているにもかかわらず、ほとんどの不正アラートは有人による電話連絡だ。

 

アラートを受け取った人の世帯年収をみると、高所得者の方が多い。7,5万ドル以上の世帯は68%、3万ドルから5万ドル未満が40%、3万ドル未満になると26%と下がる。

 

不正を働く悪人はリターンの多いターゲットを狙う。高額所得者のクレジットカードは限度額が高い。デビットカードは当座預金残高が限度。デビットよりクレジットが狙われるのはそのためである。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34060845

カード犯罪のターゲットはを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart