« QR決済が中国を変える | メイン | 銀聯がQR決済へ »

2017年6月 6日 (火)

中国ECは世界の40%

人口ボーナスによって、中国のEコマース市場は2桁成長をつづけている。中国商務部の調査によると、2016年のEコマース市場規模は26.1兆元(約420兆円)になった。前年対比19.8%の伸びである。

 

Sina Newsによると、中国のEコマース市場規模は世界の40%を占めているという。

 

成長要因はインターネット利用者の増加。中国のインターネット利用者は7.31億人。人口の53.2%になった。そのうちオンラインでショッピングしている人は4.67億人、ネット利用者の63.8%だ。

 

モバイルショッピング利用者数は4.41億人。成長率は29.8%である。

 

中国Eコマース市場の成長は、アリババが運営するTaobaoとTmall、そしてテンセントが運営するJD.comの伸長によるところが大きい。カテゴリーでみると、衣料、家電、モバイル機器、デジタルグッズ、食品の購入が多い。

E

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34063838

中国ECは世界の40%を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart