« 銀聯がQR決済へ | メイン | 米国で店舗閉鎖深刻 »

2017年6月 8日 (木)

欧州銀行協会が選んだ有望フィンテック

調査会社のFinextraと欧州銀行協会は、欧州で最も有望なフィンテックのスタートアップ15社を選んだ。

 

先進的な技術を活用し、金融サービスを変革する商品やサービスを開発したフィンテックたちだ。

 

キーワードはモバイル決済、ブロックチェーン、AI、Regtech、セキュリティなど。

 

Alyne(サイバーセキュリティ)、Blue Chain(決済)、Blue Code(バーコード決済)、DocumentetionHQ、Eurocomply(データセキュリティ)、Fractal Labs(金融アシスタント)、ID-Pal(本人確認)、Metafused(AI)、Modulr(法人決済)、Naqoda(デジタルソリューション)、Net Guardians(不正防御)、Object Tech(ID申告)、Ostia(オンライン決済)、PayKey(銀行向けソリューション)、Plexus365(電子契約書)の15社である。

 

6月20日と21日にダブリンで開催される欧州銀行協会のカンファレンスで表彰される。

Eba17_colour_logo_extended

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34064033

欧州銀行協会が選んだ有望フィンテックを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart