« 個人間送金Zelleついにデビュー | メイン | Mastercardが中小企業向けデジタル決済 »

2017年6月14日 (水)

アマゾン融資が咲きはじめた

アマゾンの強みはマーケットプレイスを運営し、利用者とマーチャントの両方を顧客としていることである。そのマーチャント向けの融資(Amazon Lending)が形になりはじめた。

 

この1年間に融資した金額は10億ドル。1,000億円を超えた。これまで供与した総額は30億ドル。融資マーチャント数は2万件で、米国、英国とともに、日本のマーチャントも含まれている。

 

2011年にスタートした融資サービスは、200万件ともいわれるマーチャントの膨大なトランザクションデータを分析し、信用度の高いところに提供している。

 

販売実績や顧客評価、返品率などを分析し、独自のアルゴリズムを開発して、融資判定をおこなっている。

 

融資額は1,000ドルから75万ドルまで。融資期間は1年。返済は売上から相殺される。今後はカナダやフランス、中国にも拡大する計画だ。

Amazonlending17

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34065804

アマゾン融資が咲きはじめたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart