« 米国で店舗閉鎖深刻 | メイン | 世界で普及EMVカード »

2017年6月10日 (土)

頑張るインドのモバイル決済

モディ首相のキャッシュレス政策で、モバイル決済が伸びている。先頭を走るのはPaytmだが、それ以外のモバイル決済も好調だ。

 

Mobikwik(モビクイック)は2009年8月設立で、インドのグルガオンに本拠を構えるベンチャーだ。これまで6回のラウンドで1億2,675万ドルを調達している。

 

利用者数は現在5,500万人。顧客は月間400万人のペースで増加。マーチャントは1日に1万件増えているという。急ピッチで市場を拡大している。遅くとも2019年下半期までには利益を出す計画だ。

 

銀行が運営するUPI(Unified Payments Interface)ベースのモバイル送金決済も好調だ。携帯電話番号で相手の銀行口座間へ簡単に送金できることが受けている。

 

2016年8月にスタートしたサービスで、2016年11月の月間取扱高は1,500万ドルだったが、2017年3月末時点の月間取扱高は3億5,900万ドルになった。5カ月で24倍だ。

Mobikwikssssss

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34064714

頑張るインドのモバイル決済を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart