« 欧州銀行協会が選んだ有望フィンテック | メイン | 頑張るインドのモバイル決済 »

2017年6月 9日 (金)

米国で店舗閉鎖深刻

米国の小売店舗閉鎖がとまらない。クレディスイスの試算によると、2017年末までに8,600店舗が閉鎖される見込みだ。リーマンショックの2008年でさえ、6,163店舗の閉鎖だった。

 

特に大手小売店舗の閉鎖が加速している。メイシーズやJCペニー、シアーズ、ルー21、マイケルコース、べべなどは不採算店舗をつぎつぎに閉鎖している。

 

大型店の多くはショッピングモールの核となっているため、モール自体の閉鎖にもつながっている。クレディスイスは今後5年間で、モールの20%から25%が閉鎖されると予測。モール数に直すと、220から275件となる。

 

小売業界はアマゾンのせいにしたがるが、顧客を惹きつけられない小売店舗が悪い。モールは画一的で、どこへ行っても同じ店舗構成と品揃えだ。

Screen_shot_20170530_at_43235_pm

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34064348

米国で店舗閉鎖深刻を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart