« NYモバイル投資が40億円調達 | メイン | アマゾンのリアル決済へ着々 »

2017年7月25日 (火)

アルコール配達に6億円

UbeEatsやPostmates、GrubHub、Deliverooなどフードデリバリーに資金が集まっているが、アルコール飲料に特化したデリバリーサービスにも注目が集まっている。

 

ソーシー(Saucey)はその1社。今回シリーズAラウンドで540万ドルを調達した。これまでのものも含めると、総計1,020万ドルになる。

 

本社はロサンゼルス。創業は2013年。30分以内にワインやビール、ウィスキーなどを届ける。従業員はわずか25人だが、クーリエと呼ばれる配達員は2,300人いる。

 

アルコール専門のデリバリーサービスはSauceyのほか、DrizlyやThirstie、Swillなどがある。デリバリーサービスはモバイルコマースやIoTの進展で、今後さらに発展すると予測されている。

Sausssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34072013

アルコール配達に6億円を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart