« Venmoがデビットカード発行か | メイン | 英国フィンテックが17億円調達 »

2017年7月 2日 (日)

インドのチャットが送金決済参戦

その名はハイク(Hike)。俳句に由来するものなのかどうか定かではないが、インドで最大のチャットアプリの名称だ。

 

Hikeは2012年12月12日創業のスタートアップ。時価総額は14億ドルで、10億ドルを超えるユニコーンクラブの一角だ。ソフトバンクや中国のチャットサービスWeChatがバックアップしている。

 

そのHIkeがチャットアプリの中にモバイルウォレットを追加した。これを使えば送金や受金が簡単にできる。

 

この送金サービスもPaytmと同様にUPI(Unified Payments Interface)をプラットフォームにしている。よって、銀行口座へ即時に送金できる。受金者がHikeアプリを使っていなくてもいい。

 

Hike Walletは送金以外にも、プリペイド携帯へのトップアップや、請求支払いも可能。

Hikessss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34067585

インドのチャットが送金決済参戦を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart