« インジェニコが決済会社買収 | メイン | 米国で新たなネオバンク誕生 »

2017年7月29日 (土)

チャットボットのコスト削減効果

有人対応のコンタクトセンターがチャットボットに置き換わる。2022年までに80億ドルのコスト削減効果があると、Juniper Researchが発表した。

 

AIを活用したチャットボットは、年々進化し洗練されてきている。Juniperはチャットボットを「利用者との会話を想定してデザインされたコンピュータプログラムで、会話をきっかけとして自動処理されるもの」と定義している。

 

チャットボットの導入により、コールセンターの処理時間が平均4分削減。2017年の精度は20%とまだ低いが、2022年までに精度が93%まで高まるとしている。

Chatsss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34073802

チャットボットのコスト削減効果を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart