« 英国フィンテックが17億円調達 | メイン | Mastercardが新たにAPI »

2017年7月 4日 (火)

日本のフィンテック利用低迷

コンサルティング会社EYは世界の主要20市場におけるフィンテック利用率(FinTech Adoption Index)を調査した。22,000人のオンライン調査。つまりデジタルに明るい人たちが対象だ。

 

フィンテックサービスに選んだのは5つのカテゴリー。送金・決済、金銭管理、貯蓄・投資、借入、保険である。過去6カ月間に、これらのうち2つ以上を使った人たちの比率である。

 

トップは中国でフィンテック利用率は69%だった。AlipayやWeChat Pay利用者は、モバイルアプリを通じて決済や投資、借入を日常的におこなっている。

 

2位はインドで52%。インドではPaytmやPhonePe、PayUなどのフィンテックベンチャーが台頭。キャッシュレスを拡大している。

 

3位は英国で42%。英国では国際送金や借入、金銭管理、保険など、多様なフィンテックがつぎつぎに登場している。

 

4位はブラジルで40%、5位はオーストラリアで37%とつづく。平均フィンテック利用率は33%である。

 

日本は残念ながら最下位からひとつ上。フィンテック利用率は14%で、平均の半分以下だった。

Finsssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34069003

日本のフィンテック利用低迷を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart