« イタリアP2P送金がQRで決済へ | メイン | VenmoのQRは一味違う »

2017年8月11日 (金)

プリカ統合破綻

ファーストデータとフリートコアは2017年3月、プリペイドカードビジネスを統合するという計画を発表していた。が、この計画が破綻した。

 

ファーストデータのプリペイドカード部門はTransaction Wirelessを買収したもの。フリートコアのそれはGyftだった。両者の本拠地はアトランタで、運営も容易とみられていた。

 

売上高は2部門の2016年実績値で3.62億ドル。ファーストデータが株式の57.5%を保有するという計画だった。

 

原因は規制当局の認可がおりなかったこと。両者の統合はフィンテックの育成を阻害するという判断があったようだ。

 

ファーストデータとフリートコアは、自社の事業計画を見直し、それぞれ独自にプリペイドカード事業を継続することになった。

Ffbreak

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34076078

プリカ統合破綻を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart