« 米国でデビットカード不正減少 | メイン | 英国でモバイル非接触決済急拡大 »

2017年8月25日 (金)

小学生にウォッチ決済

シンガポールのPOSB Bankは、スマートウォッチを6,000人の小学生に配った。ヘルスケア機能とモバイル決済機能がついたスマートウォッチである。

 

この利用体験から、子供たちに賢いお金の使い方や貯め方を学んでほしいというのが狙い。

 

決済は非接触。Tap & Goでスピーディに支払える。名称はPOSB Smart Buddy programmeである。このプログラムで小学校内のデジタル決済エコシステムをめざす。

 

親は子供の決済状況や健康状態を自分のスマートフォンでモニタリングできる。1日の小遣いをスマートフォンで事前に設定しておけば、使いすぎの心配はない。緊急時の送金も可能だ。

 

決済履歴をもとに親子で金銭管理の勉強をするというシーンも生まれている。これまで12カ月間テストしていたが、このたび19校へ拡大することになった。

Schoolsssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34077592

小学生にウォッチ決済を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart