« RBSでIT人材大量解雇 | メイン | 米国でデビットカード不正減少 »

2017年8月23日 (水)

米国モバイル決済会社が破綻

米国の銀行や信用金庫向けにモバイル決済ソリューションを提供しているディジリティ(Digiliti Money Group)は、日本の民事再生法に相当するChapter 11(連邦破産法)を検討しているようだ。

 

ディジリティはナスダックの上場会社。第2四半期の業績悪化を受けて、8月第2週にCEOが退任していた。

 

監査法人は2016年の決算報告書の署名を拒否。現在新たな資金調達先を探しているようだが、あてがないという状況。

 

ディジリティは2010年創業のフィンテック企業。クラウドを活用したSaaSモデルで、モバイルソリューションを提供していた。ずさんな経営が今回の破綻の原因だ。

 

Digilitihp1708

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34077380

米国モバイル決済会社が破綻を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart