« EU即時決済におびえる国際ブランド | メイン | 米国モバイル決済会社が破綻 »

2017年8月22日 (火)

RBSでIT人材大量解雇

RBS(Royal Bank of Scotland)はロンドンIT部門から今後3年間に正規雇用者の40%、650人を解雇すると発表した。さらに、契約社員の65%、230人も削減する。

 

2016年には2,200人のITスタッフがいたが、2020年までに950人になる。フィンテックが銀行サービスに新たな風穴を開けようというこの時期に、なぜ大幅ITリストラなのか。

 

コスト削減で生き残りをかけるためである。IT関連はイギリスからインドへと移管。オフショアでの開発運営になる。

 

RBSは2018年にNatWest Holdingsの傘下に編入され、英国とアイルランドをターゲットに、いままでよりシンプルで小さな銀行をめざす。テクノロジー関連コストは年々増加傾向にある。身の丈に応じた組織へ再編するという計画だ。

 

英国内の雇用を守るべき銀行が、オフショアへ舵を切ることに対し、非難の声が上がっている。

Rbs

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34077378

RBSでIT人材大量解雇を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart