« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

BBVAモバイルBK92%へ

スペインに本拠を置くメガバンクBBVAのモバイルバンキングが加速している。

 

いまから3年前、モバイルバンキングで利用できるサービスは全サービスの16%しかなかった。それが現在は82%。今年12月には92%になると発表した。

 

8月現在、スペインのモバイルバンキングの利用者数は300万人強。2015年12月には190万人だった。モバイルからの商品販売は、Webからのそれを超えている。

 

モバイルバンキングの利用件数は過去1年で135%の増加となった。2016年5月の利用件数は2,380万件、2017年5月の利用件数は5,600万件になっている。

 

といっても、モバイルチャネルに絞っているわけではない。コールセンターや支店とモバイルを連携し、顧客利便性を高めている。

Bbvamobilebk

2017年9月29日 (金)

スワロフスキーVRショッピング

スワロフスキーはVR(仮想現実)ヘッドセットをもっているユーザー向けのアプリをMastercardと開発。VRを活用したインテリアグッズ販売をスタートした。

 

利用者はアプリを起動後、Masterpass口座情報でログイン。VRでラグジュアリーな室内を見渡すと、スワロフスキー製のインテリアグッズなどが室内でどんな輝きを放っているかを仮想体験できる。

 

VR中央の小さなサークルに焦点を合わせると、商品の製造過程や価格がポップアップ。Buyボタンに焦点を合わせれば、購入となる。

 

イメージ動画ではモデルがスワロフスキーのクリスタルをちりばめたVRを装着しているが、VR機器を販売しているわけではない。提供しているのはアプリである。

 

Swarovski2

2017年9月28日 (木)

BoAがプレミアムカード発行

バンクオブアメリカはリウォーズ制限のないプレミアムクレジットカードを発行する。その名もPremium Rewards。

 

旅行と食事にクレジットカードを利用すると、1ドルにつき2ポイント付与。その他の利用については1ドルにつき1.5ポイントがつく。

 

口座開設から90日以内に3,000ドルを使えば、ボーナスとして50,000ポイントがもらえる。1ポイントは1セント。500ドルに相当するボーナスがもらえるのだ。ポイントは有効期限なし。獲得上限もない。

 

さらに、100ドルのTSA(スピードチェックイン)支払い4年分や、ラウンジ費用など100ドル分が補填される。交通機関の遅延やキャンセルなどの保険もついている。

 

海外旅行の場合、一般カードは海外利用手数料がかかるが、プレミアムリウォーズは無料だ。年会費は95ドル。

Boapremiuncard

2017年9月27日 (水)

台湾でTaiwan Payスタート

台湾で独自のモバイルQR決済がスタートした。その名もTaiwan Pay。国の名前をつけた決済は珍しい。台湾財務省が主導したプロジェクトで、銀行がサービス主体となる。

 

Apple PayやAndroid Pay、Samsung Payなどさまざまなモバイル決済が登場しているが、これら海外勢に対抗するサービスとしてTaiwan Payを位置づけている。

 

台湾における海外モバイル決済サービスの利用者は2017年第2四半期で100万人を超えた。Taiwan Payは初年度600万人の利用者獲得をめざす。

 

現在新光銀行や日盛銀行、王道商業銀行など12行が参加。今後さらに13行が参加する予定だ。その他、郵便局やノンバンクにも働きかけ、海外展開も視野にいれている。

 

Taiwanpay

2017年9月26日 (火)

AIロボットがカンファレンス登壇

スイスの投資銀行UBSは、香港のITカンファレンスにAIロボットを登壇させることになった。カンファレンスのテーマは、ディスラプティブテクノロジー。

 

金融サービスを破壊するテクノロジーとして、AIロボットを採用した。このロボットは、名女優のオードリーヘップバーンを模したもの。ただし、スキンヘッドで、頭の中がみえるよう透明にしている。

 

イベントのオープニングに登壇し、AIについて話す。名前はソフィア(Sofia)。製作はハンソンロボティクス(Hanson Robotics)である。ソフィアは、コンサートで歌ったり、テレビのショー番組にも出演したりしている。

 

マッキンゼーの調査によると、AIや自動化によって、数年以内に投資銀行業務の3分の1が、人からテクノロジーに置き換わると予測している。

Humanoid1709

2017年9月25日 (月)

金融健全性スコアでアドバイス

個人の金融健全性をスコアで評価し、パーソナルな改善提案をするというサービスがスタートした。提供するのはスペインに本拠を構えるBBVA。スマートフォンのアプリに診断ツールを追加した。

 

分析に使うのは、毎月の収入、支出、住宅ローン、そして負債総額。これをベースに0点から100点までのスコアを算出する。変数は、月間貯蓄高、経済的自由度、住宅関連支出、カード延滞額。

 

もし収入より支出が多い場合、スコアは50点以下になる。その人たちのために、BBVAはどのカテゴリーを改善すればいいかというパーソナルなアクションプランを提供する。

 

さらに、その人の住んでいるエリアで、年齢や性別、収入が同じような人のビッグデータを提示。自分の暮らしをどう改善したらいいかがわかるようにした。

Bbva

2017年9月24日 (日)

ファーウェイペイ米国上陸へ

中国のスマートフォンメーカーであるファーウェイが、モバイル決済で米国に上陸する。OSはAndroidだ。

 

サービス名称はHuawei Pay(ファーウェイペイ)。9月16日、商標を米国特許商標庁に申請した。商標が認可されるのは、2018年にはいってからとみられている。

 

Huawei PayはNFC非接触決済をベースにしたもの。2016年に中国ではリリースしている。米国での提携企業などは不明。

 

ファーウェイは10月16日にAndroidの新バージョンを発表する予定だ。販売は11月からになる見込み。いずれにせよ、Huawei Payの米国リリースは商標が承認される2018年以降になる。

Huaeipaylogot

2017年9月23日 (土)

Google音波送金決済インドデビュー

グーグルがインドでモバイル送金決済をスタートした。サービス名称はテズ(Tez)。

 

銀行口座を登録すれば、その口座から相手の銀行口座へ送金できる。このサービスはインドが推進する銀行間モバイル決済ネットワークUPIへ接続しているため、銀行間送金が可能となった。

 

送金方法はオンラインではインターネット。リアルはAQRだ。NFC非接触ではない。

 

AQRは、オーディオQR(Audio QR)のこと。音波とQRコード

を活用した決済方法である。送金者と受金者の両方がTezアプリを開き、Tezのロゴがはいったサークルをタップする。

 

Tezswipe

2017年9月22日 (金)

米国M非接触決済は伸びているのか

米国では、ここ数年モバイル非接触決済が伸びている。Apple Payが登場した翌年の2015年成長率は165%だった。それだけApple Payの影響は大きかった。

 

2016年の伸び率は183%と、高成長がつづく。2017年はどうなるか。eMarketerによると、78.1%の伸びになると予測した。取扱高にして492.9億ドルだ。

 

モバイル非接触決済の取扱高が増えるにしたがって、成長率は鈍化する。2021年の取扱高は1,899.7億ドル、成長率は23.9%を予測している。

 

2017年のモバイル非接触決済額は、ひとり当たり年間1,026ドル。2021年のそれは2,646ドルを見込んでいる。

Usmobile

2017年9月21日 (木)

欧州銀行9000支店閉鎖

欧州銀行連盟によると、2016年に閉鎖した支店数は9,000店になった。これに伴って失職した従業員数は5万人にのぼる。

 

2016年末の支店数は189,270。前年度比4.6%のマイナスだ。2015年のマイナスは3%だったから、支店閉鎖の勢いが増している。2008年からの閉店数は48,000店。

 

2016年末の従業員数は280万人だ。2008年のそれは326万人。

 

銀行顧客のバンキングスタイルがテクノロジーによって、大きく変化している。アクセスチャネルは支店からオンラインへ。そしていまやモバイルへと移行している。

 

加えて、キャッシュレス化の進展が支店や従業員の削減につながっている。AIがバンキングサービスに本格導入されれば、さらに支店や従業員の数は減るだろう。

Photo

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart