« 英国3人に2人が非接触決済 | メイン | Zelle独自アプリ開始 »

2017年9月12日 (火)

1億人超の個人信用情報ハッキング

米国個人信用情報センター大手のエキファックスで、大量のデータ漏洩が発覚した。その数なんと1億4,300万件。

 

日本の人口より多い。米国の人口は3億2,400万人。その44%に相当するデータが盗まれた。

 

発見したのは7月29日。発表は9月7日だった。データには、氏名、住所、誕生日、クレジットカード番号、社会保障番号、免許証番号などが含まれている。

 

ハッカーは米国Webサイトの脆弱性を悪用して、個人信用情報ファイルにアクセスしたようだ。

 

問題なのはデータ漏洩が発覚したのち、3人のエグゼクティブがエキファックスの株を売り抜けたこと。社内コンプライアンスを遵守するという基本的なことも守られていない。こんな体制ではハッキングも防げない。

Equifaxhp1709

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34081923

1億人超の個人信用情報ハッキングを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart