« AIロボットがカンファレンス登壇 | メイン | BoAがプレミアムカード発行 »

2017年9月27日 (水)

台湾でTaiwan Payスタート

台湾で独自のモバイルQR決済がスタートした。その名もTaiwan Pay。国の名前をつけた決済は珍しい。台湾財務省が主導したプロジェクトで、銀行がサービス主体となる。

 

Apple PayやAndroid Pay、Samsung Payなどさまざまなモバイル決済が登場しているが、これら海外勢に対抗するサービスとしてTaiwan Payを位置づけている。

 

台湾における海外モバイル決済サービスの利用者は2017年第2四半期で100万人を超えた。Taiwan Payは初年度600万人の利用者獲得をめざす。

 

現在新光銀行や日盛銀行、王道商業銀行など12行が参加。今後さらに13行が参加する予定だ。その他、郵便局やノンバンクにも働きかけ、海外展開も視野にいれている。

 

Taiwanpay

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34083871

台湾でTaiwan Payスタートを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart