« アマゾンがティーンズ口座新設 | メイン | 美食家向けのカード発行 »

2017年10月25日 (水)

フィンテックAIベンチャー調達50億円超

米国フィンテックのフィードザイ(Feedzai)は、リスクマネジメントに強いベンチャーである。創業は2009年、本社はカリフォルニア州サンマテオ。起業したのはポルトガルである。

 

特徴はAIの活用を活用した決済リスクマネジメントのプラットフォーム。銀行やマーチャント、アクワイアラが顧客だ。キャピタルワンやシティなどの大手金融機関を含め、顧客数は約60社。

 

このたび、フィードザイはシリーズCで5,000万ドルを調達した。総調達額は8,200億ドル。この資金を元に、従業員数を300人に倍増、データサイエンスや営業チームを強化する。

 

金融機関のリスクマネジメントシステムはモバイルやIoT時代に対応していない。リアルタイムのトランザクション処理が求められるにもかかわらず、バッチ処理やデータ更新頻度が半年に1回というものもある。フィードザイは、この置き換え需要を狙っている。

Feedssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34088300

フィンテックAIベンチャー調達50億円超を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart