« 勢いが止まらない中国モバイル決済 | メイン | ポーランドで携帯IDカード »

2017年10月14日 (土)

米国で社会保障番号の廃止議論

米国で個人を特定する社会保障番号(Social Security Number:SSN)の廃止議論が広がっている。日本のマイナンバーに相当する個人特定番号だ。

 

なぜ廃止なのか。社会保障番号は一旦盗まれると、変更できないためである。ホワイトハウスのサイバーセキュリティのトップであるRob Joyce氏は、社会保障番号を使うたびに、危険にさらしているとコメントした。

 

議論の発端となったのは、個人信用情報を扱うエキファックス(Equifax)の個人情報3億件が盗まれたこと。そのうち1億4,300万人の社会保障番号にハッカーがアクセスしている。

 

社会保障番号はもともと連邦政府の退職金給付コードだった。それが、個人を特定する識別子に発展したが、時代はデジタルへと変遷している。

 

米国政府は社会保障番号に代わる新たな本人特定方法を検討中だ。それは公開鍵や秘密鍵を使った暗号識別子である。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34086194

米国で社会保障番号の廃止議論を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart